© 2017 Medic Art8

042-430-0255

Tel

コンテンツビジネスの著作権セミナーのフィードバック

March 8, 2019

 

 

 

今日は秋葉原に著作権セミナーを受けに行きました。

 

「知っておきたい著作権について~著作権の基礎、最新のトピックス、契約上の留意点、不正競争防止法~」という内容で、

基本的な内容が中心で、知りたかった契約上の留意点などは、軽く流す感じでした。

知っている内容が多かったのですが、興味深かった点を中心にメモ書きの内容をフィードバックします。

 

━─━─━─━─━━─━─━

 

◆新しいタイプの商標(2015.4.01施行)

 

1)動き商標(ロゴマークなど、動くもの)

2)ホログラム商標(ホログラムとは、紙幣・カード・商品券などに付いている、見る角度によって像が浮かぶ図柄)

3)色彩のみからなる商標(商標での色彩の使い方を登録)

4)音商標(音楽・音声・自然音で構成した音)

5)位置商標(文字や図形などのマークを商品のどの位置につけるかを商標)

 

━─━─━─━─━━─━─━

 

上記5種類の新しいタイプの商標で一番取りにくい商標はどれだと思いますか?

それは「3)色彩のみからなる商標(商標での色彩の使い方を登録)」です。

 

現在登録されているのは、たった7件(4社だそうです)

登録されているのは、

セブンイレブン、ファミリーマート、三井住友、トンボ鉛筆のみです。

上記の色の組み合わせでロゴマークを作ることができません。

 

ですが逆の考え方をすれば、こちらが簡単に認められると、ロゴマークの色の使い方がかなり限定されてしまいますね。

 

━─━─━─━─━━─━─━

 

その他の例を述べると、

1)動き商標(ロゴマークなど、動くもの)

*ワコール:花が開くような動くロゴマーク

*エステー:ヒヨコが動く企業ロゴの動き

 

2)ホログラム商標(見る角度によって像が浮かぶ図柄)

*三井住友カード

 

4)音商標(音楽・音声・自然音で構成した音)

*エプソン「♪カラリオ」

*伊藤園「♪お~いお茶」

*久光製薬「♪HISAMITSU」

*大正製薬「♪ファイトー イッパーツ」

 

5)位置商標(文字や図形などのマークを商品のどの位置につけるかを商標)

*キューピー:(マヨネーズの上部5分の2に赤い格子柄が位置している)

*エドウィン:(ポケットの横に付く赤いタグの印の位置)

*セイコーマート:(オレンジと白色で構成された看板を店舗建物の上部に配置)

━─━─━─━─━━─━─━

 

 

あとは、着ぐるみなどのキャラクターは、

著作権の侵害にはならないようです。

都心でよくみるスーパーマリオのコスプレをした、マリオカートですが、

 

今、裁判で争われているようです。

 

一審の判決では「著作権侵害ではない」と出たようですが、まだ争っているようです。

━─━─━─━─━━─━─━

 

著作権契約の重要なポイントは4つ。

 

*著作物の著作権と所有権の違い。

*権利譲渡 or ライセンス契約か?

*譲渡できない著作者人格権の取り扱い。

*トラブルをシュミレーションすること

 

━─━─━─━─━━─━─━

 

著作権譲渡契約のポイント

 

*著作者人格権について契約では譲渡できない。「著作者人格権不行使」の記載により保護を外す。

 

*著作財産権は「全ての著作権を譲渡する」では不十分で、(著作権法第27条および第28条に定める権利を含む)と記載するのが大事。二次利用などに付いてもカバーできるかららしい。

 

業務委託契約や商品化契約のポイントについては割愛。

━─━─━─━─━━─━─━

 

 

 

そして、いつもこの手のセミナーの最後に来るのが中国の権利登録についてです。

 

中国では、日本のものがたくさんもはや勝手に登録されていて、とても被害が出ているようですね。

 

例)

*無印良品

*クレヨンしんちゃん(中国語と図形)

*青森、米沢  (日本の県名、都市名)

*松坂牛 (日本の特産)

*三宅一生(人名も?!(@@))

━─━─━─━─━━─━─━

 

 

こちら、中国で勝手にキャラクターグッズなどが販売されると、解決にとても時間がかかるようです。

クレヨンしんちゃんの件ではかなり長く争ったようですね。

 

中国著作権登録は、日本に比べて簡単にできるようです。しかも料金も安い。数万だとか。

 

また日本では意匠(デザイン)などでわかれている内容でも、著作権で登録できる手軽さがあるようです。

 

GREEやSEGA、KONAMIなどは中国でも著作権登録をしているようですよ。

 

 

 

ご参考までに!

 

━─━─━─━─━━─━─━

 

 

 

 

 

 

著作権セミナーの後は神田川を超えて、神田駅の近くのラーメン屋さんへ。

 

店の名前は無銘(むめい;名前がないみたい)

たった6席しかない高架下のお店です。

のれんも「麺」と書かれているだけで、名前がありません。

 

 

 

 

 

 

 

かなり特徴がある、熟成練り醤油(並盛・大盛)らーめん 700円を

トマ辛ネギ増量 120円で頼みます。

 

 

 

 

トッピングは、チャーシュー、キャベツ、辛味ねぎに海苔。

 

 

 

 

 

 

そして真ん中に熟成練り醤油玉がのったラーメンで、

塩味スープを醤油玉を溶かしながら味の変化を楽しみながら食べるラーメン。

塩ラーメンがトリュフオイルが乗っているから、これも一瞬トリュフかなと思ったら違いました;笑

 

 

 

 

 

麺は加水低めの平打ちストレート太麺。

硬めのコシで太いわりにはブツンと歯切れ良い。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ポタージュ系の塩味スープから引き上げるのにとっても大変;汗

 

 

 

 

 

麺の量に対してスープの量が少ないのもハードルを上げる。

 

醤油に節系の魚粉を混ぜた感じの練り醤油。

少しでもけっこう魚介の香りが強くなって塩気が強い。

ポタージュ系のスープには溶かしにくいかな?

 

 

 

変わったラーメンを食べることができて良かったです。

 

帰りに店主さんがドアをあけてくれるのも嬉しいですね。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

医療介護関連のシンポジウムの撮影+動画編集を担当

May 28, 2016

1/2
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ